FC2ブログ
結婚5年目。そろそろ我が子を…とベビ待ちの記録&思うことや悩み事&育児日記など…
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
長女 MRCトレーニングシステム
長女 7才9ヶ月


2年生2学期です。

小学校生活もすっかり慣れて、友達といろいろありつつも、楽しく過ごせているようです^ ^

先日は音楽会がありました。


音楽会については、またそのうちに……


今日は、MRCトレーニングシステムをはじめたので、その記録を。


長女の現在の歯は、
下の前歯4本と上の前歯2本が永久歯に生え変わっています。

下はなんとかならんでいますが、上の歯が並びきらずに既にガタガタ。

今現在斜めに生えてきていて、歯の間に隙間が開いている状態です。


通っている小児歯科専門の歯科医院では、2種類の歯科矯正を行なっていて、それぞれ専門医がいます。


無料の個別相談には、両方行きました。


一般矯正 は、上顎と下顎を広げるための装置を食事の時以外はほぼ常時つけておく、というもの。

MRCは、マウスピースを夜間と起きている間の1時間つけて、さらに毎日トレーニング(2分ほど)をしていく、という内容です。


主に、口腔周辺の筋肉の使い方を矯正して、正しい顎の発達を促す、というものですね。

契約期間は2年間で、正しい呼吸や姿勢、嚥下が身についていたら、そこで終了となります。


MRCは親子で一緒にアクティビティに取り組まなければいけないので、ちと面倒。

一般矯正も、後戻り防止の器具を入れたりする期間を考えると、ものすごく長くなりそうでした。

一応、娘の場合は、前期矯正で終わるのでは、という見立てでしたが、私たち夫婦は二人とも歯並びが悪いので、遺伝を考えると後戻りしやすいような気がして、結局後期も契約しないといけないのではと思います(素人考えですけど)


MRCも基本契約の2年が終わって、改善していないところがあれば、さらに延長もできます(別途費用がかかります)


いろいろ迷いましたが、MRCに決めたのは……


1、呼吸、姿勢、嚥下は、矯正目的ではなくても、正しくできた方が、健康、運動面でのメリットが大きい…と思う。

バレエやヨガのインストラクターとしては、ここら辺の機能は気になるところです^^;

2、一般矯正と違って、後戻りしにくい…らしい。

子どもの頃に歯科矯正を受けていたけれど、結局戻ってしまったという話を、実際にご本人から聞いたことがあります。

戻ってしまうのは、やはり口腔周辺の筋肉の使い方が影響するのではないかなぁ、と。

だとすると、顎が発達し終える年齢まで続けないと意味がないし、それはあまりにも期間が長くて負担になるのでは…と思いました。そこまで頑張っても戻るかもしれないし……

まぁ、MRCもどれだけ後戻りしないのかは、わからないけど。
(MRCも顎を広げるために、一時的に拡張装置を使うこともあるそうです)



3.学校に装置をつけていかなくて済む

一般矯正の装置は、できれば学校にもつけていってください、と説明を受けました。
給食の時に着け外しする感じです。

今はまだ2年生なので、本人もなんとも思わないでしょうけれど…
長い矯正期間には、徐々に思春期に入っていくわけで…その間、どれだけ本人が(学校で)つけてくれるかな、と。

思春期ということを考えると、親子でアクティビティをしないといけないMRCも、ちょつと悩むところではあるのですけれどね ^^;

思春期のことを考えないとしても、やっぱり学校の間つけなくていい、というのはとても大きなメリットのような気がします。


以上の3点でMRCに決めました。


とは言え、本人は一般矯正がいい、とはじめの頃は言っていました。

たぶん、学校のみんなの前で、つけたり外したりして見せて、注目されたいんだと思います^^;


ホント、こういうところまだまだ幼いなと感じますけれども…


長女の承認欲求の強さには、一時期本当に疲れてしまいました。

次女が生まれたことも大きいでしょうしね。仕方ないんですけれども。


まっ、ともかく、無料の個別相談をして、その後検査、後日カウンセリング、そして、先日トレーニングの1回目に入りました。


ここまでいろいろあって3ヶ月ほど。


次回は、検査&カウンセリングについて書きますね


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© デリシャスサンドイッチ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。