FC2ブログ
結婚5年目。そろそろ我が子を…とベビ待ちの記録&思うことや悩み事&育児日記など…
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
トイレに目覚める1才7ヶ月
次女  1才7ヶ月20日
突然、トイレ(オマル)に目覚めました!
それは、セキセイインコのナナを放鳥中のこと。
「あっ、ナナがウンチしたよ~」
なんて話をしていたら、突然 
オマルに座る!
とジェスチャーをして、オムツを脱ぎました。
そして、座らせてみると……
でました!
最初はほんのちょびっと。
もうでないのかな、と思って一度処理をしました。
でも、次女は、
まだ座る!
のジェスチャー。
もう一度座らせると………
なにやら、一点を見つめて、とても真剣な顔。
集中しています、
そして………
でました!
こんどはたくさん!
これ、たまたまいっぱい溜まってたからでちゃった、という感じではないですね。
排泄をコントロールしています。
急にどうした?!
驚きです。
***
実は、1才3ヶ月頃から、長女が使っていたオマルをリビングに出しました。

↑これです。
これね、オマルの中では小さめなんです。
長女はこれで生後6ヶ月の頃から、排泄していました。
(詳しくは、長女の「EC」カテゴリーで)
そのくらいの赤ちゃんでも、腰を支えてあげると、足の裏を床につけて座ることができる=安定するんですね(*^^*)
次女は、6ヶ月から使う余裕がなかったので、ずっとしまってありました。
でも、長女の時の経験から、トイレへの誘導は1才前半くらいからしていくと割とスムーズに行けるような気がしていて…
ある程度、次女との意思疎通ができるようになってきた1才3ヶ月の頃に登場させました。
ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん( 4)
この絵本で種まき種まき♪
最初は座る時間も一瞬。
そんなに好きじゃないのか、すぐ降りちゃう。
でも、
「おしっことうんちはどこでするのかな?」
と聞くと、ちゃんとオマルを指さします。
わかってる~。
こんなやり取りも、頻繁にはしません。
ごくたまに。
絵本も、本棚に置いておいて、次女からのリクエストがあった時に読みます。
普段は私や長女のトイレの様子を見せてるだけ。
で、昨日、突然!
1才7ヶ月20日にして、自ら座り、おしっこできた(*^^*)
翌日の今日は、こちらでタイミング見ながら誘ってあげたら、3回ほど成功していました。
(2時間、おしっこの間隔空いてました)
種は撒いておくものですね~。
いつ芽がでるのか。
果たして実はなるのか。
それはわからないけれど。
生きていくために
自立のために必要なことは
半歩先に 
とりあえず種を撒いておく。
あまり期待しすぎず。
まっ、芽が出たらラッキーよね。
くらいな気持ちで 笑
ちなみに、ものぐさな私なので、オマルはリビングに置いてあります。
見た目がアレなので、普段はカバーをしています。
可愛いダンボールの箱を、逆さにして被せただけ 笑
トイレトレーニング??
とは思ってません(*^^*)
モンテッソーリ教育では
トイレットラーニングと言うそうです。
排泄をする手順を学んでいくのですね。
そのための提示や環境づくり。
本当はオマルではない方がいいのかもしれませんが….
そこは、我が家のやり方で(^^)
次女、メキメキ成長中。
余談…
私は、この日、次女が自分で体のコントロールをして排泄したことに驚いて感動しました。
体全体の動きの調整が、このところだいぶできてきたなと感じていて。
それは排泄機能ともリンクしてるんだな、って思ったらすごーい!って 笑
しかし…
「えっ、この間もお風呂で
『湯船に浸かる前に、でるんだったら、おしっこ先にしちゃいな』
って言ったらしてたよ」
とは、夫談。
えーっ!?
そうなの?
それは知らなかった (。・ω・。)
じゃぁ、少し前から意思的に排泄できるようになってたのか。
昨日は、自分からオマルへ座ろうとしたところが、さらに成長していてすごい!
二人目は本当に……楽というかなんというか。
たくましいです。
長女がいてくれてこその次女のたくましさ。
長女には感謝だなぁ、
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© デリシャスサンドイッチ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。