FC2ブログ
結婚5年目。そろそろ我が子を…とベビ待ちの記録&思うことや悩み事&育児日記など…
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【入院3】全身麻酔での処置を選ぶ
陰唇融合の治療の記事です。


陰唇融合は、無麻酔で処置もできる。

でも、全身麻酔での処置なら、再癒着防止の処置もできる。


陰唇融合が全身麻酔のリスクを冒すほどの大それた病気には思えなかった私。

それでも、麻酔下での手術を選びました。

理由は以下の通り

1痛みのある処置には抵抗がある
(場所が場所だけに、なんだかとても痛そうなイメージ)

2押さえつけられるなどの恐怖感をできるだけ避けたい
(おそらく相当暴れるので、かなりの人数で押さえつけなくちゃいけないと思う)

3女の子の大切な場所なので…
(場所が場所だけに…まぁ、1歳なので意識があっても覚えてないとは思うけど)

4再癒着のリスクをできるだけさけたい
(これも将来的に、形などでコンプレックスになったりするとよくない、と思いまして。動かない状況で、審美的にもキレイにして欲しかったから)

一番の理由は最後の審美的なところです。

無麻酔での処置でも、ことさらカタチが悪くなることはないでしょうけれど、ここは先生にじっくり見てもらいながら陰唇形成術を受けてもらいたい、という気持ちが結果的に大きくなりました。


でも、1と2に関しては、術前に採血もするし、レントゲンも撮るし、麻酔前後の絶飲食と…

ひょっとしたら無麻酔で処置を受ける以上に負担があったのではと思います。

で、もちろん、親の方も入院となると付き添いが必要なので、いろいろ負担がかかります。


実際、めちゃくちゃ疲れました。

もうぐったりですわ💦

なので、もし迷っている方にアドバイスを求められたとしても、
正直、どちらもお勧めすることはできません^^;


次は、入院に当たって、たくさんの方に頂いたアドバイスを箇条書きしたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© デリシャスサンドイッチ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。